声優オーディションで目指せ人気声優
声優オーディションで目指せ人気声優

声優とオーディション

声優の最新オーディション情報を知るには?





声優を志す人にとっていつも把握しておきたいのが最新のオーディション情報です。さて、この声優の最新オーディション情報を収集するにはどのような方法があるのでしょうか。


一番オーソドックスなものは、アニメ雑誌やオーディション雑誌を欠かさず読みとおし、オーディション情報を仕入れることです。声優アニメディア、VOICE NEW TYPE,声優グランプリなど定期刊行される雑誌はきちんと目を通しておくことが情報の収集につながります。


次に最近のスタンダードは、インターネットでオーディション情報を集めたサイトを確認することでしょう。PCは一家に一台の時代であり、なおかつ一時間500円も払えば漫画喫茶でインターネットはつなぎ放題ですから、そういったサイトを確認することは、サイト自体を検索して探したりする手間を除けば非常に容易です。


あるいは同じくインターネットで、オーディション情報が出そうなアニメ製作会社や養成所・専門学校・レコード会社などを決め打ちでチェックするというのもいち早く声優の最新オーディション情報を仕入れる方法といえるでしょう。

声優とオーディション

声優の合宿オーディション





声優の合宿オーディションというものをご存知でしょうか。通常は一日で行われる声優オーディションを合宿形式で数日かけて行うものです。ある声優関連のサイトに投稿されていた声優の合宿オーディションの様子がありますので、それを参考に簡単にご紹介しましょう。


そのサイトに投稿されていた声優の合宿オーディションは新潟にて2泊3日で行われたものです。初日の昼から発声練習などを行い、夜にはグループに分かれてオーディションオ予選を行ったそうです。次の日にはすぐに本選が行われ、選考の間に有名声優によるトークアンドライブがあったとのことです。この投稿で特筆すべきは、多数のプロダクションやレコード会社関係者が審査員として来ていたが、グループによって審査員が違うので選考基準がばらついているような感じを受けたと言うコメントと、本選通過者には養成所等に所属していない人達も見られたという部分です。


時間をたっぷり使ったオーディションと、声優の生の話が聞けるメリットも魅力ですが、合宿形式のオーディションにすることにより志を同じくする仲間とより多く触れ合う機会ができるのも貴重な体験ではないでしょうか。

声優とオーディション

声優オーディション:大阪地区





声優のプロダクションや養成所は、東京に集まっています。したがって数々のオーディションも同様に東京で行われていることが多いです。では、例えば大阪地区にいながら声優の道を歩むチャンスを得るにはどういう方法があるでしょうか?


例えば、CHK声優センターという声優養成所では、入所オーディションを随時各校で行っており、大阪地区では大阪校でそのオーディションを受けることが出来ます。合格した人はその養成所に入所してトレーニングを受ける形になりますが、その暁には養成所を通じ各種オーディションに参加することが出来ます。そのオーディションが東京で開催されるものであれば、当然東京まで出張っていかなければ行けないことにはなりますが、大阪にいながらにしてオーディションの機会を得る方法として確実な部類ではないかと思います。


大阪に校舎がある声優養成所などでは、同様のルートで入所オーディションから大阪地区で声優への第一歩を踏み出すことが出来ます。色々と調べて条件が自分にあったところを選ぶのが良いでしょう。

声優とオーディション

声優オーディション、公募のものはよく条件を読んで:2007年のあるオーディションを例に





声優オーディションは本年度も数多ありますが、ひとつのビッグチャンスとしてあるのが公募のもの。もちろん2007年も公募のオーディションが行われています。声優プロダクションに所属してオーディションをアテンドしてもらうまでの行程は非常に道のりです。ともすればそれを踏み越えて一気にデビューまで駆け上がれるのが公募のオーディションなのですが、闇雲に応募しても後で話が違っていたなんてことになりかねません。2007年に行われるあるオーディションを例示して、細かい募集内容を見るすすめをしたいと思います。


2007年現在の声優オーディションで、ラジオパーソナリティを公募しているものがあります。2007年6月10日まで応募を受け付け、書類審査、面接、仮収録テストと選考が進みます。内容はインターネット配信のラジオドラマや番組のパーソナリティの募集で、15-30才の男女でプロダクションに所属していない人、東京での収録が可能な人というものです。合格後は所属契約の可能性ありとしており、この応募条件からまだプロダクションに入っていない良い人材を確保する目的も感じますので、そのあたりをきっちり把握した上での応募が必要となります。


東京での収録可能な人という条件も割りに重要で、書類審査での顔写真提出と同様、建前ではあまり重視しないというところが多い反面印象に大いに関わっている可能性が高い項目ですので、遠隔地の人はその点を覚悟および対策を講じる必要はあるでしょう。


募集要項の読み込みからオーディションは始まっているといっても過言ではありませんので、そのあたりはしっかり心に刻んで内容を読みましょう。

声優とオーディション

声優オーディションと2006年に活躍した声優





声優さんは来る日も来る日もオーディションに勝ち抜き、仕事を得ています。さて、ここでは昨年2006年に目覚しい活躍をした声優さんをご紹介したいと思います。


平野綾さんは2001年にデビューしたばかりの新人といってよいキャリアの声優さんですが、数々のオーディションを勝ち抜き、2006年には自身の現在の代表作ともなる「涼宮ハルヒの憂鬱」の主役をこなし、大ブレイクしました。声優のアカデミー賞とも呼べる第1回声優アワードでも新人賞女優部門、東京アニメアワード声優賞を受賞しています。


平野綾さんの声優としての活躍は2006年は特に顕著で、アニメで言うと「デスノート」「武装錬金」「NANA」などの人気作品に参加しています。その他にもラジオ出演・個人名義CDの発売など活動の場は広いです。2007年6月には写真集の発売もあります。


声優オーディションは今年も数多く行われていきます。それを勝ち抜いて2006年の平野綾さんのようにブレイクする声優さんは現れるでしょうか?楽しみなところです。

声優とオーディション

クレアール学園の声優オーディション





私立クレアール学園と言う名前をご存知でしょうか?インターネット上で仮想の学園生活が送れるこのサイトに関しての声優オーディションが最近行われました。非常に昨今の社会状況を表しているといえる試みだと私は思います。


私立クレアール学園はネットの普及に伴い最近増えてきた、ネット上の仮想現実世界でもう一人の自分として生活すると言う内容のオンラインコミュニティの一種で、特徴は「男子学生」として学園生活を送る部分にあります。BL、「腐女子」と言った言葉が社会的に広まっている昨今の女性オタクの嗜好にベクトルを合わせたオンラインコミュニティという、まさに今の社会状況の現出とも言えるものです。


このクレアール学園がドラマCDを作成することになり、それに伴い今年の春から声優オーディションが行われています。最近ではゲームから派生してアニメ作成、あるいはその逆という流れがスタンダードでしたが、このクレアール学園の声優オーディションは新しいパターンのメディアミックス展開を示しています。


このひとつの出来事に現代のいわゆる「オタク文化」の色々な要素が見えて、非常に興味深いです。

声優とオーディション

オーディションによる声優募集と出演料の関係について





オーディションによって声優が募集され、そこに参加し、集まってきた多くのライバルの中を勝ち抜くことで仕事と出演料を得られるのが声優業界の一般的な仕事の取り方です。新人であろうがベテランであろうが仕事の多くはオーディションを合格することで得ていく、常に競争をし続ける熾烈な世界なのです。さて、オーディションで広く声優を募集した場合、当然実力のある人が採用されやすいですから、ベテラン声優は仕事を取る確率が高いように思いますが、実際はその内容によっては事情が変わってきます。それは出演料に大きく関わる問題なのです。


90年代から声優業界はランク制と言う報酬の規定を取り入れました。アニメ・一般ゲーム・吹替えの仕事に関しては、その声優個々に与えられたランクに基づき定められた出演料が支払われると言うものです。これに従わなければならないアニメなどでは、当然ながら予算の枠内で出演料を考えるとき、ランクの高い声優が初めから使用できない場合も多々あるのです。したがって、予算の少な新作アニメなどではオーディションで特に制限なく声優を募集したとしても、出演料の高いベテラン声優はおいそれと起用はできないのです。


出演料に基準が設けられることは声優の待遇を守ることにつながっていますが、現状では諸刃の剣である部分が浮き彫りにされているようです。

声優とオーディション

インターネットでのオーディションからの予測




オーディションで声優を募集しているインターネットでのドラマやゲームが増えているが、2007年はアニメでは新人が飛び出してくるのか?

インターネットでオーディションによる声優募集をしているボイスドラマやオンラインゲームが増えているように思います。そんな状況の中、この2007年に王道のアニメでは期待の新人が生まれてくるようなオーディションは見られるのでしょうか?


オーディションによる声優募集をインターネットで調べても、出てくるのは事務所所属のものや、あってもボイスドラマやオンラインゲームのキャラのものなどが多いです。かといって2007年にアニメが衰退して、新人は出てこないなんてことは無いと考えます。インターネット上で配信されたり展開されるものに関しては得意分野と言うことになりますから、インターネット上で告知・募集を行うほうがやりやすくコストがかからないという部分があります。ですから、ネットでよく見られるオーディションによる声優募集がボイスドラマやゲームのものであるのはアニメの衰退では決してありません。現に、2007年に入ってまもなく期待の新人誕生を予感させるマクロスの歌姫オーディションのようなビッグプロジェクトも行われています。毎日深夜に至るまで放送されているアニメ番組は、漫画が文学としての価値を手にしたのと同じように文化的な価値を世界に知らしめています.


メディアの多様化は声優の仕事の多様化につながって来ましたが、王道はいまだ揺るがないと言えます。

声優とオーディション

一般公募オーディションから登場した声優





一般公募オーディション声優や、声優を目指す人にとってのビッグチャンスです。一般公募のオーディション声優募集の呼びかけがすなわちメディアでの広告となり、見事合格を勝ち取った人も通常のオーディション以上に注目される結果となります。しかし、一般公募のオーディションは閲覧する人数が多く対象が広いため、200名300名の応募という規模のものもあり、おのずからハードルは高くなります。また、このオーディションに合格したからと言ってそれが以後の全ての成功を約束するものでは、決してありません。それでも一般公募のオーディションからチャンスを得て、現在も第一線で活躍する声優さんもたくさんいるのです。


例えば、小清水亜美さんは高校生のときにテレビ朝日系列の「明日のナージャ」の主役決定のオーディションに参加し、みごと合格して声優デビューしました。その後順調に活躍の場を広げ、声優のアカデミー賞とも呼べる第1回声優アワードではサブキャラクター賞女優部門を受賞しています。他にも浅野真澄さん、堀江由衣さん、野川さくらさんなど一般公募のオーディションを経た人気声優さんは多く見られます。


ただし、そういった人達もデビュー後養成所で専門教育を受けたり、今までもオーディションに勝ち続けて今の地位を築いたのは言うまでもありません。どんな出自であっても声優の道は一日にしてならず、なのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。