声優オーディションで目指せ人気声優
声優オーディションで目指せ人気声優

声優オーディションいろいろ

エロゲー製作会社社長が語ったネット声優オーディションの応募に関する意見





インターネットのある掲示板に、「エロゲー製作会社社長」(自称かもしれませんが)が昨今のネット声優オーディションの応募に関する風潮に苦言を呈しているものがありました。この投稿をきっかけに侃侃諤諤の議論がなされており、これは声優業界の現在を非常に現しているものだと感じましたので、ここで概要を説明したいと思います。


そのサイトはネット声優オーディション情報を集めて掲示しているサイトなのですが、そのサイト内の掲示板で、エロゲー製作会社社長を名乗る人が「ネット声優オーディションは、たいてい応募者に報酬を提示しない。お金でなくても、公開や収録、指導などメリットと呼べるなんらかの報酬を与えなければ自己満足にすぎないのではないか。」という意見を投稿しました。そこからそのエロゲー製作会社社長に対してネット声優オーディションでの声優の応募を掲載しているであろう人達からの反論が数多く載せられ、いろんな意見が飛び交っていました。


ここでわたしなりに読み取ったポイントを抜き出してみると、当たりまえの話ですがエロゲー製作会社社長さんは自分の仕事にプロとしてのプライドを持っており、趣味として声優さんを起用するにしても仕事のさせ方と言うものがあるだろうというこだわりを、最近増えているプロからすれば「おままごと」といってしまいたい活動をしているネット声優とそれを応募している人達に示したいということ、ネット声優さんサイドにしてみれば趣味の類のものをお互いの合意の上無償でやっている事はなにが悪い、同好の士が集う場所で雰囲気を悪くするようなことを書くなと言いたいということです。


エロゲー会社の社長がアンダーグラウンドではなくメジャーな立場からネット声優と言う現象に対して物申す図式は、非常に象徴的なものを感じます。同じカテゴリーにありながらプロ声優とネット声優の社会が断絶しているのも分かるような気がします。

声優オーディションいろいろ

声優の特待生オーディションに合格すれば無料で声優への道を歩けるのか?





地方で声優を目指している人は特に知っておいたほうが良いことをお話致します。特待生オーディションは合格すればレッスンを無料で受けられるので、声優への足がかりをお金を使わずして得られるように感じますが、実はそうでもない部分があるのです。


声優になるための諸々の情報をまとめたあるサイトに、そのあたりで参考になる貴重な説明が掲載されています。例えばかの有名な「日ナレ」の特待生になると、確かに学費は免除になるのですが、月に一回東京で行われる報告会のようなものに参加しなければならないという話です。仮に大阪在住の人が件のケースに当てはまると、新幹線で往復した場合にはなんと一般で入学して払う学費を超えてしまうというシミュレーションの結果が出たそうです。


特待生は学費の面だけではないメリットが他にもあるとは思いますが、上記のようなケースでお金がかかることも充分に把握しておかないと、せっかくのチャンスを生かしきれずに夢をあきらめることにもなりかねません。これからオーディション等に挑まんとする人は、できる限り情報を集めると良いでしょう。

声優オーディションいろいろ

声優の特待生オーディションに合格すれば無料で声優への道を歩けるのか?





地方で声優を目指している人は特に知っておいたほうが良いことをお話致します。特待生オーディションは合格すればレッスンを無料で受けられるので、声優への足がかりをお金を使わずして得られるように感じますが、実はそうでもない部分があるのです。


声優になるための諸々の情報をまとめたあるサイトに、そのあたりで参考になる貴重な説明が掲載されています。例えばかの有名な「日ナレ」の特待生になると、確かに学費は免除になるのですが、月に一回東京で行われる報告会のようなものに参加しなければならないという話です。仮に大阪在住の人が件のケースに当てはまると、新幹線で往復した場合にはなんと一般で入学して払う学費を超えてしまうというシミュレーションの結果が出たそうです。


特待生は学費の面だけではないメリットが他にもあるとは思いますが、上記のようなケースでお金がかかることも充分に把握しておかないと、せっかくのチャンスを生かしきれずに夢をあきらめることにもなりかねません。これからオーディション等に挑まんとする人は、できる限り情報を集めると良いでしょう。

声優オーディションいろいろ

声優学校の特待生オーディション





声優学校のような声優の養成を目的とした学校では、多くの場合特待生オーディションをおこなっています。これは一般の入学時オーディションとは異なり、その時点で声優としての素質
実力を備えている人材のみが特待生に選ばれるオーディションです。特待生に選ばれた人は、ほとんどの場合は学費・レッスン料が無料となり、声優事務所所属や仕事獲得への道がぐっと近づきます。


ある声優養成所の特待生オーディションの様子をご紹介しましょう。この声優養成所の去年の特待生オーディションには200人以上が参加したそうです。そのなかで書類選考を通過したのが17名、特待生として本合格を勝ち得たのはなんと0名でした。次点合格として5名が選出されています。詳しい説明はありませんがなんらかの優遇措置があったようです。


上のように声優学校の特待生オーディションのハードルは、一般人が考えている以上に高いといえます。受講やレッスンのお金をもらわないということは、本来その収入で経営をしている学校がその分の金額をその人に投資するということになりますので、選ぶ方ももちろん真剣で厳しい基準を持ってオーディションに臨みます。それでも夢と希望を胸に抱き、毎年多くの声優志望者が特待生オーディションを受けるのです。

声優オーディションいろいろ

声優のオーディションは札幌でも受けられるのか?





声優オーディションを受けながら、地方で声優の勉強や仕事がしたい!という人もいるかもしれません。札幌に校舎を持つ声優養成所のHPにそのあたりのことが詳しく書かれていますので、ご紹介します。


CHK声優センターという声優養成所のHPを見ると、札幌校のQ&Aのページで興味深いことが書いてあるのが見られます。例えばこの声優養成所は、番組等のオーディションを受けるには東京校の特別クラスに進級する必要があります。つまり、札幌校ではオーディションを受ける機会は得られないのです。このページで回答者は札幌では「声優にはなれるけど声優はできない」と書いています。この札幌校で声優としての技量は身に付くけど、仕事は地方にはあまりないということなのです。


ですから、声優オーディションは札幌では受けられないというのが結論かも知れません。しかし、このように養成所に通い実力をつけることでオーディションを受けるチャンスへの道をつなぐことは出来ます。あせって上京して経済的な不安の中レッスンを続けるよりも、地元で下地を作りつつ東京進出への足がかりを作るということが養成所で出来るのであれば、回り道ではありますが東京でオーディションを受けるまでと同じ状況が作れると言えるのではないでしょうか。

声優オーディションいろいろ

声優オーディションツアー





声優オーディションツアーという名前の企画をご存知でしょうか?文字通り声優オーディションのツアーで、審査や講習が1泊2日や2泊3日などの行程で行われる、密度の濃いオーディションです。有名なものをひとつ挙げると、角川書店主催の「VOICE NEW TYPE 特別企画声優オーディションツアー」があります。


去年の「VOICE NEW TYPE 特別企画声優オーディション」の内容をご紹介しましょう。内容としては養成所のプロ講師による演技指導、講演会や質問会、審査員によるQ&Aセミナー、そしてオーディションとなっています。ゲストに有名声優を招き、トークショーなども行われています。


最近この声優オーディションツアーから誕生した人気声優に、福原香織さんがいます。声優アワードの受賞などで注目を集める浅野真澄さんも、声優オーディションツアーをきっかけに声優の道を躍進していった人の一人です。


この企画、参加者にとってはそれなりに費用がかかるのが難点ではありますが、今年も開催されるようでしたら内容のチェックぐらいはしておいて損は無いと思います。

声優オーディションいろいろ

エロゲーと声優オーディションに関する話





エロゲーといえば皆さんご存知の「18禁ゲーム」のことなのですが、声優オーディションに絡んでエロゲーファン(?)が納得しがたいことが最近起きているようです。


エロゲーもすっかり「声が出る」時代になって、エロゲー専門の声優が存在したり人気声優が名を変えてエロゲーの声優オーディションに参加したりという現在です。国民的人気アニメの登場人物の声をやっている声優さんもエロゲーの声優オーディションに参加した過去を持っている、などと噂されています。さて、そういった状況から最近多い傾向が、エロゲーのアニメ化です。アニメ化に当たって18禁の内容を前年齢向けにアレンジすることが多いのはさておき、問題なのが声優を組みなおすためオーディションが改めて行われることなのです。原作の声を気に入った人にしてみれば同じ二次元媒体でなぜ声が変わってしまうのか!!という気持ちに駆られることでしょう。


さらにエロゲーのキャラファンを怒らせているのは、上記の例ではオーディションが形式的に行われて、不自然な配役が決定するという(なぜか複数で結成されている声優ユニット全員に役がついているなど)ことが発生する事例があるということです。


ネット上での書き込みを元にご紹介した事例ですから真意のほどはさておき、たとえ対象年齢の違いで声のイメージを変えていきましょうということがあるにしても、やはり原作ファンは腑に落ちないところはあると思います。

声優オーディションいろいろ

声優オーディション:2007年4月




21世紀にはいっても、声優業界はオーディションで仕事を取って糧を得る世界事にはかわりがありません。2007年4月に募集が行われたある声優オーディションを挙げて、現代の声優オーディションがどういった形になっているかを見てみたいと思います。


ここで挙げる声優オーディションは、2007年4月に募集されていたゲーム声優オーディションです。フリー(プロダクションに所属していない)のプロ声優対象の応募で、いわゆる「ガヤ」を募集するオーディションです。


一次選考はメールによる選考で、その後面接(履歴書・写真の提出あり)、サンプル録音選考と続きます。ちなみに、この声優オーディションは2007年4月23日に締め切られています。


一次選考がメールというところが、今後の声優オーディションの形を示唆していると感じます。写真も動画もネットで送ることが出来る現在ですから、それを利用して選考の効率化が図られる傾向は今後加速するのではないでしょうか。

声優オーディションいろいろ

2007年の声優オーディション





平成も早や19年、2007年になった今年は声優オーディションはどのようなジャンルのものが行われるのでしょうか?ご紹介したいと思います。


まずは、声優の王道であるアニメがあります。世界的な評価がなされてきているありがたい状況ですので、2007年もアニメの声優オーディションは多く行われるでしょう。すでにアニメの名作「マクロス」の歌姫を募る一般公募オーディションが開催されていたりします。次に市場として大きいと思われるのがゲームです。PC・インターネットの普及によりゲームの種類も増えましたし、アダルトゲームは2007年も依然その力を失わない絶対的なジャンルです。声優オーディションもかなりの数行われることが予想されます。


インターネットの影響で普及・認知されてきたインターネットラジオ・インターネットドラマも2007年に声優オーディションが行われることが予想できるものです。他にも映画の吹替え、ラジオパーソナリティなど多岐にわたる仕事のオーディションが行われると思います。


夢を実現できるのは一握りという世界である声優業ですが、仕事の幅が広がっているのはチャンスが広がっていることにもなるのではないでしょうか。

声優オーディションいろいろ

声優オーディション:大阪での開催情報





声優オーディションは、事務所やプロダクションの所在地の関係上東京で行われることが多いようですが、ここでは大阪で行われるオーディションについて少しご紹介します。


2007年5月現在の声優オーディションで大阪での開催が予定されているのは、例えばAMGビッグチャンスオーディションというものがあります。こちらはアミューズメント総合学院という、声優の養成科を持つ専門学校が授業内で実践として現場で仕事できるシステムを、学外の人にも挑戦の権利を与えるといったものです。AMGの大阪校で開催されます。


大阪アニメーションスクールでは、声優アニメ科で学ぶと業界向けの学内オーディションで大阪・東京のプロダクションに所属するチャンスが与えられます。大阪に校舎のある声優の養成校は、このようなチャンスが得られる場合がほとんどであるようです。


あまり参考にならないかも知れませんが、ひとつの情報としてお役立て下さい。

声優オーディションいろいろ

オーディションで声優以外も募集しているプロダクションに入ると





オーディションで事務所に所属してから始まるのが一般的な声優の道です。常にどこかしらのプロダクションで募集が行われている状態ですから、チャンスはいつも目の前にあるといってよいでしょう。さて、そのオーディションですが、声優だけではなく包括的に人材を募集している事務所・プロダクションを受けて所属になった場合、どんなメリットがあるでしょうか。


ここからの文章は私見であることを前置きしておきます。声優の仕事には俳優としての演技力も欠かせず、声だけで役を表現するという部分では俳優以上のクオリティを求められる部分も当然あります。ゆえに声優は「声の俳優」とも呼ばれています。したがってプロダクションでのレッスンでも俳優と同じレベルでの演技指導などは当然出てきますので、そこで俳優・声優を包括的に扱うプロダクションは、俳優の方のノウハウを声優オンリーのところより活かして指導が出来るメリットがあるのではないかと考えます。また、何かの転機でそのプロダクションが取り扱っている別ジャンルの芽が出ることもあるかもしれません。声優一本という夢は基本的に持つものだと思いますが、可能性が広がっていくのは悪いことではありません。


オーディションの詳細を見る際には、声優のみでない募集であった場合はそのあたりをその会社のHPなどで探ってみると新しい可能性の発見が出来るかもしれません。

声優オーディションいろいろ

声優の最新オーディション





声優業界の仕事の幅はゲームやインターネットラジオなど多方面に広がっていますので、最新のオーディションといってもたくさんの例があるのですが、2007年5月現在で募集を行っている声優の最新といえるオーディションの情報をすこしご紹介したいと思います。


現在募集を行っているもので少し毛色が変わっているのが、ロッカーズというプロダクションのボイスドラマオーディションです。合格の暁にはロッカーズが製作するボイスドラマに参加し、そのドラマはインターネットで配信されます。インターネット課金システムで発生した収益を声優などの参加メンバーに還元するという試みも、最新のオーディションの形といえるでしょう。


声優について、最新のオーディション情報を仕入れたいならインターネットが非常に有用ですが、例えば「アバウトオーディション」というサイトは、応募締切日を基準に時系列で最新のオーディションが見られます。他にも色々なオーディションサイトがありますので、調べてみてはいかがでしょうか。

声優オーディションいろいろ

ビクターの声優オーディション





2007年の今年、ビクターが声優を募集するビックなオーディションを開催しています。実は募集自体はもう終わってしまっていますが、声優ではなかなかお目にかかれない大きな規模の一般公募オーディションですので、ここで紹介したいと思います。


ビクターが声優を募る今回のオーディションで選ばれた際に与えられる役は、アニメ史上に残る傑作の「マクロス」シリーズの最新作のヒロイン役です。しかしここはビクター、そしてマクロスですから声優オーディションとはいっても、「歌」と「演技」が要求されています。リン・ミンメイにはじまり、マクロスのヒロインに歌はつきものですから、歌のうまさはかなり重要視されそうです。


こういったオーディションがメディアにたくさん出てくれば、声優を目指す人もモチベーションが上がると思うので、個人的にはバンバンやってもらいたいと思います。

声優オーディションいろいろ

声優の一般オーディションから誕生したスター





人気声優への道は、ひとえに険しいと言えます。養成所に入り、所属オーディションを受けて事務所の研修生などになるまでだって努力・苦労の連続でしょう。しかし、声優のプロダクション経由で募集されるものではない、必然的に参加者が非常に多くなる一般オーディションを見事勝ち抜いて声優への道を歩き出した人もいままでいましたし、そしてこれからも誕生し続けて行くでしょう。声優の一般オーディションから誕生したスターを一人ご紹介しましょう。


井上麻里奈さんは、2003年3月のソニーミュージックSDグループ声優オーディションで、200人の中から見事グランプリに選ばれました。翌年OVAで声優デビューと歌手デビューした後は、アニメ、ゲーム、ラジオなどの仕事を順調に重ね、新人ながら注目を集めています。井上さんの場合はルックスの良さと歌のうまさもあり、多方面での活躍が期待されています。


厳しい道とは言えども、人気声優になれる可能性は誰しもあるはずです。一般のオーディションもひとつの大きなチャンスですから、受けて損は無いでしょう。

声優オーディションいろいろ

声優学校の学内オーディション





声優の専門学校や養成所に行けば、声優になるためのスキルを体系的・重点的に学び鍛えることが出来ます。さらに、それだけではない声優の学校に通うメリットは、学内オーディションです。


声優の学校での学内オーディションというと、何種類かの意味を指します。ひとつは学内で実際のオーディションと同じ環境を作り、実際のオーディションに対する不安を解消し、経験を高めるものです。一発勝負のオーディションは、一生を決める大切なものの前には出来るだけ経験を積んでおきたいものです。もうひとつは、声優の学校側がプロダクションを招いて所属オーディションを行うものです。いってみれば就職試験といったところでしょうか?


とくに後者のオーディションは出来るだけ下地のある良い人材を確保したいプロダクションにとってもありがたい話ですから、どこの学校でも積極的に行われ、多くの学生が所属プロダクションを決めているようです。

声優オーディションいろいろ

エーチームの声優オーディション





エーチームグループの声優オーディション。最近声優オーディションについてインターネットで検索をしている人は、必ずここに一度は行き着いていると思います。


エーチームグループは、伊藤英明やほしのあきという人気芸能人が所属する芸能事務所です。エーチームグループの声優オーディションは、エーチームグループが所属する声優を募集する為のオーディションです。前述したとおり所属は俳優・タレント中心になっているこの事務所ですが、別途声優オーディション用のホームページを立ち上げて、各所に「声優」のオーディションとしてリンクを貼っているあたり、声優の発掘・マネジメントにも力を入れていく姿勢であるようです。


ただし、ホームページの方はまだ情報が少なく、「エーチーム声優オーディション2007」というタイトルが銘打たれているものの、そこから参加・参照できるのはエーチームグループ全体(俳優やタレント)のオーディションのみです。


ちなみに、詳しい情報はアナウンスされていないのですが、オーディションに合格した人は、関連会社の「エーライツ」に所属になっているようです。「エーライツ」のHPを見ると所属している声優さんを確認することが出来ます。


EXTENDED BODY:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。