声優オーディションで目指せ人気声優
声優オーディションで目指せ人気声優

アニメ声優

アニメ声優

声優がアニメのオーディションをたくさん受けるには





ひとくちに声優といっても、仕事をするジャンルは様々で、選り好みは出来ないのが現状だとは思いますが、例えばアニメの仕事を中心にやりたいからオーディションもなるべくそちらを受けていきたいなどの希望は当然皆さん持っているはずです。さて、声優を目指している人が将来はアニメを中心にやりたい、そのためにオーディションもアニメ中心が良い!などと考える場合、どのような未来を見据えて動けばよいでしょうか?


声優の雑誌やインターネットなどでアニメのオーディションを集めて集中的に受けていくというのもあると思いますが、さらに重要なポイントがあります。


声優の所属プロダクションにはそれぞれ得意分野というものがあります。その中でアニメに強いのは例えばアーツビジョンやアイムエンタープライズといった事務所で、中には青ニプロダクションと東映アニメーションのように特定の会社とコネクションを持つ声優事務所も少なくないです。アニメのオーディションを多く受けて仕事を取りたいという場合は、こういったアニメが得意な事務所への所属を目指すことが良い方法といえます。


もちろんただ所属するだけで仕事がもらえるという世界ではないので、自分の希望するジャンルに特化した技術を磨いていくことも大事です。

アニメ声優

アニメ声優のオーディションについて





アニメが世界的に認知されるこの時代、声優さんも社会的な認知度はかなり高くなったといえます。仕事もたくさん募集してそうで、それでもなかなかオーディションなどの告知をインターネット上で探すのが難しいと思いませんか?


アニメに限らず、声優の一般公募のオーディションはなかなか表だって出てこない様です。その原因は、多くのオーディションが基本的にはプロダクションを通じて行われているからです。


例えばアニメの声優オーディションが開催される際、オーディションの通知は事務所・プロダクションに向けてなされます。そこで事務所やプロダクション側がその要件に沿っていると思われる所属声優をピックアップしてオーディションに参加させるような流れが一般的です。


一般公募のオーディションでは、逆にプロダクション所属でない方が良いといったニュアンスの応募内容の場合もあります。


門戸が広くなったように感じるアニメ声優の世界ですが、オーディションのあり方から見ると、定石である養成所・専門学校→プロダクション所属というルートが依然スタンダードであるのかな?という気がします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。