声優オーディションで目指せ人気声優
声優オーディションで目指せ人気声優

声優オーディション全般

声優・ナレーターのオーディション





オーディションの情報を探してインターネットを探ると、声優・ナレーターオーディションといった括りの募集を良く見ます。ナレーターが、ナレーター本人として原稿を読むという仕事なのに対し、声優はキャラクターとして原稿を読む(吹き替えを行う)という部分で性質は異なりますが、「声」で仕事をするという部分では共通ですので、養成所などにおいても双方の講座・レッスンを開講しているケースが多いのです。


そういった特性から、声優はナレーターのオーディションについても挑戦しやすいといえます。 しかし、ナレーションを行うには高い技量が必要であり、またアナウンサー・俳優など別業界でのライバルも当然出てきますので、声優が片手間にナレーターのオーディションに参加したとして、そう簡単に合格は勝ち取れません。高い技量を持つベテラン声優がナレーターのオーディションでは起用率が高いようです。


上記のような状況はありますが、ナレーションの仕事は声優業界のランクの対象外であり、高額になりますのでナレーターのオーディションはやはり魅力が高いのも事実です。しかし、同じ声の仕事でも特性の違いははっきりとあるようで、ナレーションの出来る声優は少ないようです。

声優オーディション全般

声優適性オーディションについて





将来の人気声優を目指す若者の為に、アミューズメントメディア総合学院が行っている声優適性オーディションをご紹介しましょう。


アミューズメントメディア総合学院は声優を養成する声優タレント学科もある、総合専門学校なのですが、その声優タレント学科の催しとして声優適性オーディションを定期的に行っています。現在第一線で活躍するプロの声優をゲストに迎え、学院の講師と共にオーディションと適正診断を無料でやってくれるというものです。当然学校の宣伝という部分はあると思うのですが、自分の適正を客観的に診断してもらえ、プロの声優を肌で感じられ、オーディションの体験としても貴重な経験になります。


声優適性オーディションに興味のある方は、アミューズメントメディア総合学院のHPなどで詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

声優オーディション全般

声優オーディションの開催情報を得るには





声優オーディションの開催情報を一番手っ取り早く得る方法は、やはりインターネットでの検索でしょう。オーディション総合サイトで声優のカテゴリーを見てみたり、声優に関するサイトでトピックとしてオーディションの開催情報が載っていたりと、様々なサイトが情報源になります。しかし、こういったサイトでは大部分が声優プロダクションの「新人オーディション開催」といった情報です。


新人発掘オーディションのような文言で募集を出しているものの中でも、いきなり本所属待遇や特待生で輝かしいスタートを約束されているオーディションもありますし、月謝を払ってレッスンを受けるいわゆる研修生からスタートのオーディションもあります。声優への道は基本的にはこのルートになりますので、これも有益な情報に代わりは無いのですが、実際の仕事につながる一般公募の声優オーディションの開催については、情報が少ないのが事実です。


一般公募のオーディションを探したいなら、ゲームやアニメの製作会社のホームページなどをこまめにチェックするのも、インターネットを使った声優オーディションの開催情報を得る有効な方法です。

声優オーディション全般

歌える声優募集のオーディションが増加した背景





大阪在住の人も、時には東京で行われる声優オーディションを受けたりすることもあるでしょう。交通の便やプロダクション・制作会社の所在地からして、首都にオーディションが集まるのは致し方のないことです。例えば大阪などの遠隔地の人が東京に出て声優オーディションを受ける際に発生しうる状況をお話したいと思います。


これは或るサイトに実際の体験談として載っていた話です。ある声優志望の女性が遠隔地へオーディションを受けにいったそうです。遠隔地であることは承知で、仮に合格した際にかかる旅費も時間もすべて計算に入れ、準備して挑んだオーディションだったのですが、残念ながら不合格だったそうです。しかし、不合格者には通知が無いはずなのにオーディション主催者からその人宛に電話があり、演技は合格レベルだったけど遠隔地がネックで不採用になったといわれたそうです。


この話が本当のことか、あるいは不採用の理由が本当のことかは知る術はありません。しかし、十分に考えられる状況ではあると思います。例えば大阪在住の人が大阪にいながらにして東京の声優オーディションに参加したいとすれば、金銭面でも選考面でもこのあたりは予想して臨む必要はあるでしょう。

声優オーディション全般

声優の道:オーディションで養成所の特待生に!





声優への道は果てしなく険しいといえます。ベテランから若手まで総じてオーディションで仕事を取ってくるという世界は、あからさまな実力主義であります。確実に下地をつけるなら養成所に通ってレッスンを行うのが間違いないところですが、特待生になることで経済的にも優遇されながら声優を目指すことが出来ます。現在活躍する有名声優オーディションを勝ち抜き、養成所の特待生からデビューに至った人が多いです。


例えば、非常に数多くの有名声優を輩出している日本ナレーション演技研究所では、毎年無料新人育成オーディションを行っています。見事合格した人はこの養成所の特待生として入所できるほか、特に優秀な人材はプロダクションに所属することも可能です。日本ナレーション演技研究所を出て現在活躍している声優さんは高確率で特待生出身であるようです。声優としての地力とオーディション適正は、養成所入所の段階で他の声優を目指す人達と一線を画していると言えるのでしょうか?


声優を目指すならオーディションの経験はひとつでも多く積みたいもの、まだ養成所に入っていない人は経験もかねて、特待生オーディションがあったらぜひ受けてみてください。

声優オーディション全般

 声優のオーディションについて





声優という職業も社会的に認知され、オーディションも数多く行われているようです。ここでは声優オーディションについて少しお話をしたいと思います。


声優の仕事の多くはオーディションによって募集がかけられ、合格を勝ち取ることで仕事を得ることが出来ます。しかし、オーディションを受けるまでの道もなかなかに険しいもので、所属事務所あてにオーディションのお知らせが届いたとしても、全員にチャンスが与えられるわけではありません。所属事務所のマネージャーが役柄に合う人材をピックアップしてオーディションへと向かわせるのが通例なのです。


声優はそうした少ない間口のオーディションに臨み、採用を得なければ基本的には収入はありません。お給料が定期的に支払われる事務所など、稀なのです。


さらに言えば、声優になる足がかりとして事務所に所属するのも、ほとんどの場合オーディションを受けて合格することが必要です。小さい事務所・プロダクションであれば不合格ということも少ないようですが、それにしても道は険しいといわざるを得ません。

声優オーディション全般

声優の子役オーディションについて





アニメ、ゲームなど声優の仕事には当然子役が存在します。それに伴いオーディションももちろん開催されています。さて、声優の子役オーディションにはどういった人達が集まるのでしょうか?


一般的に考えて頭に浮かぶのが大人の声優が子役として子供の声を担当するのかな?とも思いますが、全部がそうだとはいえないでしょう。しかし、子供の声優さんなんてそんなにいるのかな?とも思ってしまいます。


実は、声優が子役をオーディションなどで決める際には、有名児童劇団の児童俳優が参加することが多いのです。劇団ひまわり出身者などが子役声優の仕事に多く出演しています。


最近の傾向では小さい頃から声優の勉強をして、小中学校のうちに声優として活動するケースも増えています。浪川大輔さんや平野綾さんなどがその例です。


昔に比べれば、現在は声優という職業も市民権を得ていますので親御さんも反対をせずにバックアップする環境になっているのだと思います。

声優オーディション全般

声優の一般公募オーディションについて





養成所を経てプロダクションに所属して、仕事を取っていくのが声優道のスタンダードですが、一般公募のオーディションから一気に声優の世界の上部に位置するような場合も無いとはいえません。しかし声優に限らない話ですが、一般公募オーディションを勝ち抜くのは当然非常に高いハードルをクリアしなければならないのです。


2007年に募集が行われた、あるドラマCDのオーディションでは「男の子を演じてみたい」女性限定での募集ですが、1000名を超える応募があったようです。プロアマ問わず非常に多くの人がオーディションのチャンスをうかがっているこの世界ですが、近年はインターネットの普及により一般に公開される情報が即時、多数に伝わりやすい環境ですのでメジャーマイナー主役端役問わず応募人数が昔より多くなるのは必然です。ベテランの声優でもオーディションで仕事を取るのがこの業界、一般公募のオーディションといえども当然プロが大勢参加するでしょう、レベルはプロと同等でなければ勝ち抜くことは許されません。


厳しいことは間違いない声優の一般公募オーディションですが、夢を与え声優業界を活性化させる役割を担っている大切なものであるような気が、私はします。

声優オーディション全般

声優オーディション、2007年のこれから行われるものを調べるには





声優オーディションは、2007年の現在でもプロダクション経由で通知されるものが多く、なかなか一般公募のようにオープンに募集しているものを探すのは難しい現状です。それでもなんとか声優オーディションを探したい人は、インターネットを活用しましょう。21世紀たる2007年現在、インターネットの爆発的普及で、オーディションの情報をまとめたサイトもいくつも登場しています。ここではその中のひとつをご紹介しましょう。


その名もずばり、「アバウトオーディション」というサイトがあります。こちらは声優オーディションだけでない各ジャンルのオーディションの情報を掲載したサイトです。2007年にはオーディション必勝本まで発行している人気サイトです。声優業界の情勢から、やはりプロダクション所属オーディションが多く見られますが、締切日を時系列に並べたリストが見られ、また終わってしまったオーディションに関しても確認ができます。


インターネットの魅力はこういったサイトで声優オーディションを探す際にも、概ね情報料自体は無料ということです。2007年の現在では漫画喫茶に行けば1時間500円もしないでネットが使えますので、べんりな世の中になったものです。

声優オーディション全般

声優オーディションの一般公募について





声優のお仕事には常にオーディションがついてきます。一般的な声優への道は、専門学校や養成所でみっちり声優や演技の勉強をして、学校が設定したオーディションでプロダクション所属への道筋を作るというものです。しかし、一足飛びで声優を目指して、オーディションの中でも一般公募のものを受けて合格を勝ち取りたい!!という人もいるでしょう。


たしかに、声優一本でやっていける環境を作るためにはオーディションでも一般公募のもので合格し、名前を売ったりできれば有利なことこの上ありません。しかし、考えなければいけないのは、まず一般公募では当然オーディションを受ける人も数が多くなるということです。シンデレラボーイ・シンデレラガールになれればその先の道も輝かしいというものですが、倍率は当然すこぶる高いです。また、もしも養成所などでの学習を経ずに一般公募を狙うというのであっても、養成所などでみっちり鍛えた人たちと同じレベルの演技が出来なければオーディションもそうですが、生き馬の目を抜くこの業界ではその後の仕事はやっていけません。


厳しいことには間違いありませんが、声優を目指しているなら先に言ったとおりオーディションはつきもの、一般公募のものも受けておけば良い経験になります。どんどんチャレンジするのも悪いことではないでしょう。

声優オーディション全般

オーディションからスタートした声優:2007年度の注目は?





オーディションを経て声優事務所に所属しても、芽が出る声優はほんの一握りというのが現実です。2007年の今も、そういった現状に大きな変化はありません。それでも声優というのはどこから芽が出るか分からないもの、或るきっかけでオーディションを受けたことでいきなり声優への道がひらけて、2007年度も注目の非常に高い人もいます。そんな中の一人が、堀江由衣さんです。


堀江由衣さんは、短大に入学するまでは声優に憧れはあったものの夢の実現に向けての具体的活動はしていませんでした。短大1年のときに声優の特待生募集オーディションに参加を思い立ち、見事特待生に選ばれます。養成所に入った年にはもうラジオやゲーム・アニメの仕事をするようになり、今や押しも押されぬ大声優となっています。


専門学校に入り基礎から、イチから声優の階段を上がる人も、突然受けたオーディションをきっかけに一気にスターダムになる声優さんもいるものです。2007年はどんな声優さんが飛び出してくるのでしょうか?

声優オーディション全般

声優アワード新人発掘オーディション





声優アワード新人発掘オーディションという名前の催しをご存知でしょうか?声優アワードとはいわば声優版のアカデミー賞で、まだ第1回が行われたばかりの真新しい試みです。その開催に合わせて行われる(この場合行われた、とするのが現状では正しいのですが)のが、こちらは声優版スター誕生とでも言うべき、声優アワード新人発掘オーディションです。


声優アワード新人発掘オーディションでは、複数の声優養成学校などから推薦で選出された人々が選考を経て、25名に絞られます。そして20社を超える声優事務所の人間の前で本選が行われます。合格者の人数は特に決まっておらず、事務所が欲しいと思った人材を指名する方式です。よって、どこの事務所からも声のかからない人も、重複して指名される人も生まれます。


本選に残った参加者は多くの事務所にアピールする絶好のチャンスを与えられますし、事務所側も厳選された素材をいちどきに審査・獲得する機会を得ます。


こういった試みが増えてくれば、声優業界もいっそうの盛り上がりと夢を得るのではないでしょうか。

声優オーディション全般

声優事務所によるオーディション





声優の事務所に所属するためのオーディションは、声優になるための最も可能性の高いルートへの登竜門といえます。声優の養成校や専門学校を通じて、その学校の卒業時に事務所のオーディションに参加する場合も多いですし、インターネットを覗いていればいくつかの声優の所属事務所がオーディションへの参加を呼びかけているでしょう。


声優の社会的地位の向上と共に、声優を目指していることを自称する人の数も増えています。その中で声優の所属する芸能事務所なども、裾野を広げるばかりでなく有能な人材を効率的に取り入れる方法を色々と思索しているようです。


そういった声優の世界の流れが見える事務所や業界の取り組みとして特徴的なものが「声優アワード新人発掘オーディション」と呼ばれるものです。各学校から推薦を受けた人間によりオーディションが行われ、本選まで残った25人を20社以上の声優事務所が審査し、指名をするという企画です。合格者1人に限りませんが、まったく指名を受けない場合や指名が著しく重複する場合もあります。良質を約束された人材を同じ瞬間に多数審査とスカウトできるというのは事務所にとって非常に理にかなっています。


上のような例を見ると、裾野は広がりつつ頂ははるか高くなっていっているようなこの業界の状況が浮かび上がってくるような気がします。

声優オーディション全般

声優の新人オーディション





声優の新人オーディションの告知をインターネット上などでご覧になった方も多いのではないでしょうか?この場合のオーディションは具体的なお仕事のオーディションではなく、プロダクションへの所属を得るためのオーディションとなります。


声優業界は、プロダクションに所属しなければなかなか仕事が入ってこないという原状があります。また、フリーランスでは自分がマネジメント・スケジューリング・確定申告など一人でやることになりますので、別方面での能力が要求されることにもなり、なかなか難しいのです。


先にあげた声優の新人オーディションに見事合格すれば、プロダクションに所属できるか、あるいは研修生のような形でレッスンや仕事を請けるようになります。大々的に新人募集を謳っているような場合では即本所属の声優になれたり、研修生からでも特待生の扱いであったりと
良い待遇が多いようです。

声優オーディション全般

声優のプロダクション所属オーディション





声優の仕事を得る際に、最も一般的なのがプロダクションに所属するためにオーディションを受け、その上で所属プロダクションを通じて仕事を得る方法です。しかし、例えば有名な声優がたくさん所属しているプロダクションだからといって、すぐに仕事を回してもらえたり、ばんばんオーディションに参加する権利が与えられたりするものではありません。ここでは、ある声優の事務所に所属し、仕事を得るまでの流れをオーディションから通してみてみましょう。


ある声優事務所では、随時15-30歳までの所属タレントの募集をしています。書類審査・実技審査からなるオーディションに合格することで、こちらの研修生になることができます。研修生は月謝を払い、レッスンを受けながら半年に一度の昇級試験に合格することで、プロダクションの所属声優となり、仕事やオーディションを斡旋してもらえます。この事務所ではある時期に新人タレントの所属オーディションを行い、合格者は即所属の声優になるようです。つまり、研修生のオーディションでは下積みから、新人タレントのオーディションでは下積みを飛び越えていきなり本所属から、というルートになります。


一口にはまとめられないのですが、参考にしていただければと思います。

声優オーディション全般

声優の事務所の所属オーディション





声優になる夢を持って仕事を得ようとしたとき、一番スタンダードな道筋は事務所に所属し、そこを通じてオーディションなどを受けることです。しかし、その前段階でまず事務所に所属するためのオーディションを受けることが必要になってきます。


声優の事務所・プロダクションへ所属するためのオーディションを受ける機会をできるだけ多くするためには、声優養成のための専門学校や養成所にいくことが一番です。卒業に際して声優の養成校宛にオーディション参加のオファーがあり、数々の事務所のオーディションを受けることが出来るのです。事務所にしてみても、きっちり専門的な勉強をしてきた下地のある人間がいる場所から掘り起こした方が断然良質の人材を得ることが出来ます。


ただし、声優の事務所の所属オーディションに合格したからといっても、道は初めから広がっているわけではありません。入ってからしばしは「見習い」期間となり、そこで仕事をたくさん取ってくることで、準所属・本所属といわれる段階へと進むことが出来るのです。

声優オーディション全般

声優オーディションの掲示板





声優オーディションを受けようと思っている人の中には、専門的な学校にも行かず、同じ志を持つ人も回りにいない、などという人もいるでしょう。そんな人の強い味方になるのが掲示板です。


声優オーディションに関しての掲示板は、インターネットを探せばきっと見つかるはずです。掲示板を知らない人のために簡単に書くと、インターネット上で不特定多数の人が意見や情報を投稿できる場が掲示板です。最近良くも悪くも話題の多い、「2ちゃんねる」が国内では最大といえる掲示板のサイトで、もちろん声優オーディションの掲示板も存在します。ただし、「2ちゃんねる」では例えば優を「イ憂」と表記したりする場合も有りますので、検索の際はご注意下さい。


さて、こういった声優オーディションに関する掲示板、実際に受けた人の生の声や情報が聞けて、有益極まりないものなのですが、不特定多数の人間が匿名で書きこめるのがほとんどの掲示板の特性であるため、流言飛語や誹謗中傷で真実の情報がうずもれてしまう危険が常にあるのです。


掲示板に関しては、そういった見極めと自分の選択に迷わない覚悟を持って使用するべきでしょう。

声優オーディション全般

声優のオーディション情報





例えば、声優オーディション情報が知りたいと思って、インターネットを検索してみましょう。集まってくるのは声優の養成所やプロダクションのオーディションがほとんどではないでしょうか?声優の募集に関してはプロダクション経由でのオーディション告知が多いようなので、なかなかアンテナを張っていても情報収集が大変なようです。そんな時に役立つのは、声優オーディション情報をまとめてくれているインターネットのサイトです。


あれこれとネットサーフィンしていると、必ずひとつは声優オーディション情報を収集したサイトに行き着くはずです。そういったところでは、許しのあるところについてはリンクを貼っていたりしてくれていますから、一般公募の声優オーディションを探している人にとっては非常に良質なツールになります。


ただし、そういったサイトの作成者でさえ情報が無いとボヤキを書いてしまうくらい、表に出てくる声優オーディション情報は少ないようです。声優の仕事に繋がっているアニメやゲーム系の雑誌やオーディションを行いそうな会社のサイトをこまめにチェックするなどして、情報集めを行うことも必須でしょう。

声優オーディション全般

声優のオーディション:2007年





昔のお固い社会に比べ、声優という職業は現代ではきっちり市民権を得ています。プロダクションのオーディションは2007年になった今ではインターネットを検索すればたくさんの募集を発見することが出来ます。また、声優の仕事もネットやゲームを含めて幅が広がり、オーディションを勝ち抜くことで活躍の場が得られるようになっています。


2007年の今年に行われたある声優オーディションをひとつ紹介しましょう。こちらは、某インターネット大手会社のネットサイトから配信されるニュースを読む声優さんのオーディションです。募集条件は16〜30才の男女で、履歴書と顔写真・全身写真を送り、書類審査→面接→収録テストと審査が進んでいきます。募集要項にはプロダクションに所属していないのが好ましいと記されています。


上記のようにインターネットという新しい媒体での声優オーディションも多くなっているのが2007年の事情といえます。ただし、上記のように一般公募のような形のオーディションは依然少なく、プロダクションに所属しないと仕事を探すのも難儀するような状態であるようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。